「痛車」がプラモに-青島が「涼宮ハルヒ」バージョンを発売

©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団

©2006谷川流・いとうのいぢ/SOS団

  •  
  •  

 プラモデルやトイホビーの製造販売を行う青島文化教材(静岡県静岡市)は2月上旬より、「1/24 痛車シリーズ No.1 涼宮ハルヒの憂鬱 FD3S RX-7」の販売を開始したが、秋葉原の複数店ではすでに完売している。

 「痛車(いたしゃ)」とは実車のボディーに、アニメキャラクターなどの装飾を施した車のこと。コミックマーケット開催時期や、週末などは秋葉原でもその姿を目にすることができる。

[広告]

 同商品は、「実車の改造は現実的に不可能」という人をターゲットにリリースするもの。「痛車プラモデルシリーズ」第1弾となる同商品は、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にフィーチャーし、涼宮ハルヒや長門有希、朝比奈みくるプリントの付属のデカールを使用することで、マツダのFD-3S型RX-7の24分の1のプラモデルを「痛車」仕様にすることができる。価格は3,360円。

静岡ホビーショー2007年のアキバ市場新製品先取り特集(アキバ経済新聞)アゾンインター、「涼宮ハルヒ」のアクティブフィギュアを発売へ(アキバ経済新聞)声優・平野綾さん、初の写真集発売でサイン会を開催(アキバ経済新聞)青島文化教材

  • はてなブックマークに追加