食べる

「王家御用達」オーストリア老舗ベーカリー 秋葉原に世界初の支店開業へ

「ホーフベッカライ エーデッガー・タックス」本店外観

「ホーフベッカライ エーデッガー・タックス」本店外観

  •  
  •  

 「マーチエキュート神田万世橋」(千代田区神田須田町1)に9月5日、ベーカリー「ホーフベッカライ エーデッガー・タックス」が開業する。

 1888年にハプスブルク家から「王家御用達」の称号を与えられたオーストリアの老舗ベーカリー「ホーフベッカライ エーデッガー・タックス」。本店以外に支店を構えるのは世界初。「ヨーロッパ以外の文化圏に、ウイーン菓子の伝統をトレンドではなく文化として広めたい」という思いを持つ同店店主が、ヨーロッパ文化に親しみの強い日本、老舗の名店が多く伝統的な文化が根付く神田、歴史的な重厚感のあるマーチエキュートの赤レンガ高架橋を気に入ったことから、出店が実現したという。

[広告]

 同店では、ドイツパン、ウイーン菓子の専門店「Neues(ノイエス)」のオーナーシェフ野澤孝彦さんがオーストリア本店店主直々に伝授されたレシピを基に作ったパンや、「オープンサンド」(350円~380円)、「エーデッガートルテ」(540円)をはじめ日本限定商品も販売する。

  • はてなブックマークに追加