食べる

秋葉原に「クロレッツ」キッチンカー 「においガツン系」弁当販売へ

肉フェスとコラボした「においガツン系ランチボックス」(496円)

肉フェスとコラボした「においガツン系ランチボックス」(496円)

  •  

 ガム「クロレッツ」のキッチンカーが9月10日、ベルサール秋葉原(千代田区外神田3)に登場する。

 モンデリーズ・ジャパン(品川区)が手掛ける「クロレッツ」。ガム市場規模回復と錠菓市場の拡大を目的に「クロレッツ」ブランド2度目となるガムとミントタブをリニューアルし、新製品として8月に発売した。「食欲の秋」を前に息を気にせず食事を楽しむため、食後の〆(シメ)にクロレッツを食べる新習慣「〆クロ」を提案している。

[広告]

 今回、「〆クロ」のプロモーションの一環でキッチンカーを出店。当日は、「肉フェス」とコラボした「においガツン系ランチボックス」を販売する。

 弁当の1段目には、「サイコロステーキ 特性においガツンソース」「ニラと豚の超香ばし炒め」「サクサクにんにくソースが効く!肉汁鶏から」「炎の200%ガーリックライス」を、2段目にはクロレッツガムとクロレッツミントタブサンプルパックを入れる。

 販売時間は11時~15時。提供個数は150食。価格は496(シメクロ)円。