見る・遊ぶ

「週刊少年チャンピオン」が創刊50周年 秋葉原で感謝祭も

  •  
  •  

 「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」が5月9日、始動した。

 秋田書店(千代田区)が発刊している週刊少年漫画誌「週刊少年チャンピオン」。今年7月、1969(昭和44)年7月15日の創刊から50周年を迎える。

[広告]

 これをを記念して、「必死こいて半世紀」をキャッチフレーズに企画を始動。中でも、創刊日の7月15日には秋葉原UDXギャラリー(千代田区外神田4)でイベント「週刊少年チャンピオン創刊50周年大感謝祭」を開催する。

 イベントでは、全13作品の作家がそれぞれ3つのマニフェストを掲げ、ファンが実現してほしいものに投票する「セレクトマニフェスト」で投票1位になったマニフェストをお披露目。第1弾として、「あっぱれ!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次さん)から「(1)国会議員にうんこさせます」「(2)春巻先生の部屋を再現します」「(3)土井津家の飯をふるまいます」をはじめ、「BEASTARS」(板垣巴留さん)、「吸血鬼すぐ死ぬ」(盆ノ木至さん)、「ハリガネサービスACE」(荒達哉さん)がそれぞれ3つのマニフェストを発表。5月9日からウェブサイトで投票を受け付けている。

 「ドリームプロジェクト」では、「弱虫ペダル」の渡辺航さんの夢「御堂筋翔の巨大バルーン作成」、「バキ道」の板垣恵介さんの夢「刃牙の家のジオラマ作成」、「吸血鬼すぐ死ぬ」の盆ノ木至さんの夢「アルマジロのジョンの巨大ぬいぐるみ作成」の3つの夢のクラウドファンディングを5月16日から開始。

 50周年記念企画では作家協力の下、「お宝」をオークションで販売して売り上げの一部を寄付する「チャリティーオークション」ほかを、イベントでは作家によるトークショーや交流会、ライブドローイングなども予定する。

  • はてなブックマークに追加