見る・遊ぶ 買う

ハル研究所「パソコンミニ」第2弾 「PC-8001」を手のひらサイズで再現

©2019 HAL Laboratory, Inc.

©2019 HAL Laboratory, Inc.

  •  
  •  

 ハル研究所(千代田区神田須田町)が10月5日、「PasocomMini PC-8001」の販売を始めた。

 往年の名作PCを「手のひらサイズ」で再現するハル研究所の「パソコンミニ」シリーズの第2弾「PasocomMini PC-8001」。1979(昭和54)年にNECが発売した8ビットパソコン「PC-8001」を4分の1スケールで再現したモデルに、当時の機能をほぼそのまま詰め込んだのが特徴。

[広告]

 製品にはマイクロソフト社製の「N-BASIC」を搭載。当時の雑誌に掲載されていたプログラムリストを打ち込めば動作するほか、カセットテープに記録されたプログラムデータをWAVファイル化すれば、読み込んで実行する。

 あらかじめ「PC-8001」用ゲームを15本以上収録。キーボード、HDMIモニター、電源を接続することで、プログラミングやゲームを気軽に楽しむことができる。

 ラインアップは、1980(昭和55)年発売のハル研究所製の周辺機器「PCG8100」の機能と4分の1スケールの精密モデルのセット商品「PasocomMini PC-8001 PCGセット」(税別2万4,800円)と、単品販売の「PasocomMiniPCG8100」(税別2,480円)。

 今後、プログラムのアップデートやゲームの追加を予定する。

  • はてなブックマークに追加