買う 学ぶ・知る

矢野経済研究所が「オタク」市場調査 アニメ・アイドル好調に推移

「オタク」主要分野別市場規模推移 出典=矢野経済研究所

「オタク」主要分野別市場規模推移 出典=矢野経済研究所

  •  
  •  

 矢野経済研究所(中野区)が11月25日、2018(平成30)年度の国内「オタク」市場調査結果を発表した。

 調査における「オタク」市場は、一定数のコアユーザーを有するとみられ、「オタクの聖地」秋葉原などで扱われることが比較的多いコンテンツや物販、サービスなど主要13分野。

[広告]

 調査は今年7月~9月、同社専門研究員による直接面接取材、電話によるヒアリング、インターネットアンケート調査、文献調査併用で実施した。

 同社によると、「オタク」市場は分野により好不調はあるが、アニメ市場とアイドル市場は好調に推移。2018年度のアニメ市場規模はアニメーション制作事業者売上高ベースで2,900億円(前年度比8.2%増)と推計した。堅調な映像制作部門に加え、ネットフリックスのオリジナルアニメ配信の本格進出や国内外の映像配信事業が好調に推移し、拡大傾向にあるという。

 中でも、同社独自の解析手法「Xビジネスエンジン」を使って、今年4~6月に公開された主な劇場版アニメを分析すると、「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の2作品が「積極的支持」(魅力度・温度共に高い)のゾーンにポジショニングされた。両作品は、1回のメディア露出当たりの反響が大きく、作品に関心がある人の間で情報のシェアが積極的に行われているという。

 アイドル市場規模はユーザー消費金額ベースで2,400億円(前年度比11.6%増)と推計。「ジャニーズ」「AKB48」を中心に引き続き中核となるファン層が市場を支えるのに加え、他のアイドルグループの台頭も継続し、拡大傾向にある。

 将来展望については、2019年度のアニメ市場規模はアニメーション制作事業者売上高ベースで、3,100億円(前年度比6.9%増)。アニメの年間制作本数は減少傾向にあるが、引き続き国内外の映像配信事業の拡大が見込まれる。

 2019年度のアイドル市場規模は、ユーザー消費金額ベースで2,550億円(前年度比6.3%増)に拡大すると予測。アイドル市場は引き続き、「ジャニーズ」「AKB48」のファン活動が市場を下支えし堅調に推移すると見込む。一方で、ジャニーズ事務所とAKB48の活動低下に影響する出来事が起きて急速に支持を失うことは考えにくいものの、成長率は鈍化すると考察する。