見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

会員制交流サイト「秋葉原ファン!」開設 店舗と街を応援する人々つなぐ

「秋葉原ファン!」

「秋葉原ファン!」

  • 2

  •  

 会員制交流サイト「秋葉原ファン!」が10月23日、オープンした。企画運営は秋葉原タウンマネジメント(千代田区外神田3)とアキバ地域活性化事業(神田須田町2)。

 秋葉原の店舗と秋葉原が好きで街を応援する人々をつなぐ会員制交流サイト。登録している店舗はアマチュア無線、オーディオ、ゲームセンターをはじめ36カテゴリー。登録店舗数は270店舗(サイト開設時)。ユーザーは会員登録することで、秋葉原の店舗情報を検索したり、お気に入り登録をしたり、店舗への応援メッセージを書き込んだりできる。

[広告]

 現在、同サイトでは11月1日にJR秋葉原駅が開業130周年を迎えたのを記念した企画を展開。登録店舗が「130」にちなんだメニューの提供やキャンペーンを案内しているほか、JR秋葉原駅にお祝いメッセージを書き込める掲示板も開設している。

 「秋葉原ファン!」開設について広報担当者は「新型コロナウイルスの世界的な流行は、全ての人の動きを止め、今なお感染拡大への恐怖に耐える日々が続いている一方で、経済の停滞を解消しなくてはいけないという相反する状況の中、秋葉原の街は特にその影響を目の当たりにしている」と前置き。「秋葉原は唯一無二の専門店が集まる街としてこれまで発展してきた。秋葉原に集まる皆さんはもちろん、専門店で働く多くの方々もお客さまと同じ趣味を持ち、働く以前から秋葉原に通っていたという方も少なくない。そんな皆さんとサイト内外の取り組みを通じて『専門店 秋葉原』『趣都 秋葉原』の魅力をこれからも一緒に楽しんでいくことができれば。それにはインバウンドや観光客のお客さまを迎えつつも、常連の皆さんで秋葉原の街、店舗を支えることが第一と考えている」と話している。

 今後は、毎月0のつく日に各店から集めた公式のイベント・セールなどの情報をまとめたメールマガジンを会員に送るほか、掲示板の設置、ユーザー会員同士の交流の場の提供などを予定している。