食べる 学ぶ・知る

JR秋葉原駅高架下の精進料理店「こまきしょくどう」がリニューアル

  • 5

  •  

 「CHABARA AKI-OKA MARCHE」(千代田区神田練塀町)内の精進料理店「こまきしょくどう鎌倉不識庵(かまくらふしきあん)」が7月23日、リニューアルオープンする。

[広告]

 「毎日食べるもので、日本の食文化を守れる」という考えの下、「食堂(じきどう)」をコンセプトとして藤井小牧さんが2013(平成25)年に出店した。親子2代にわたり鎌倉で伝え続けてきた精進料理教室を原点に同店では、メニュー全てに肉・卵・牛乳などの動物性食品と五葷(ごくん=ネギ・ニラ・ニンニク・アサツキ・ラッキョウ)を使わない精進料理を提供するのが特徴。

 リニューアル後は、店内・キッチンのこまめな消毒などの感染予防に加え、新たにQRオーダー・QR決済を導入し、非接触型での注文・支払いに対応する。また、だしソムリエの山根正允さんと共同開発した精進だしにオリジナルの季節のだし粉をブレンドした濃厚な「精進だし」を使い、日本の食を体験できるメニューを用意。既存メニューの「口福定食」のほか、自分で焼く「国産米粉香る焼き団子」、国産素材で作った「選べる和菓子」、自分で抹茶を立てる「お手前セット」などを新たにラインアップする。

 SDGsの観点から、食材だけでなく環境を考えた食の道具として鹿児島産の竹の箸を使い、国産の竹材の消費を促す。

 営業時間は11時~20時。月曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース