天気予報

35

26

みん経トピックス

カラオケ室を仕事場に秋葉原らしんばん、拡張

メイドカフェに完全ベジタリアンメニュー 多様な食文化に対応

メイドカフェに完全ベジタリアンメニュー 多様な食文化に対応

めいどりーみん「ビーガン・ラーメン(辛味噌ラーメン)」

写真を拡大 地図を拡大

 メイドカフェ「めいどりーみん」(秋葉原本店=千代田区外神田3)が4月中旬から、ビーガン対応メニューの提供を始めた。

 「ビーガン」は、肉や魚介類、卵、乳製品、蜂蜜など動物性由来の食材を一切口にしない嗜好(しこう)を持つ人々。「完全ベジタリアン」「純菜食派」などと訳される。同店を運営するネオディライトインターナショナル(外神田3)によると、1847年にイギリスで「ベジタリアン・ソサエティー」が発足。1944年、ドナルド・ワトソンさんが既存の「ベジタリアン」から動物性由来のものを一切食べない「ビーガン」を提唱。日本では人口の約5%がベジタリアンで、そのうちの約6割がビーガンだといわれているという。

 秋葉原をはじめ国内外で16店舗を展開する「めいどりーみん」は、年間約30万人の訪日外国人客が来店することから多様な食文化に対応するため、ビーガン対応メニューの提供を開始。4月15日から第1弾として「ビーガン・ラーメン」(1,188円)をラインアップしている。

 同メニューは、大豆から作られたスライスハムや卵を使わない麺を使う。「卵を一切使用していないため麺のコシにはそれほど期待できないが、それでも楽しんでいただける内容に仕上がっている」(同社)とアピールする。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR東日本は5月、JR秋葉原駅隣接地で「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」の建設に着手する。場所は、昨年5月から解体が進められていたJR東日本秋葉原ビル跡。画像は同ホテル外観イメージ
[拡大写真]

アクセスランキング