天気予報

30

25

みん経トピックス

バンドリ!コラボ室開設トラタワ、運営新たに

秋葉原に外国人メイドのみのインバウンド向けメイドカフェ

秋葉原に外国人メイドのみのインバウンド向けメイドカフェ

「Sugoi Kawaii」ロゴ

写真を拡大 地図を拡大

 秋葉原に6月、外国人メイドのみのメイドカフェ「Sugoi Kawaii(すごいかわいい)」(千代田区外神田4)がオープンする。

 手掛けるのは、「男の娘カフェ&バーNEWTYPE」や「ムチぽちゃメイドカフェShangrila」を展開する「NEWTYPE」(外神田3)。

 同店のテーマは「外国人の、外国人による、外国人のためのメイドカフェ」。さまざまな国籍の外国人メイドが接客に当たるのが特徴で、外国人来店客に「お帰りなさいませ、ご主人様」「萌え萌えきゅーん」など秋葉原のメイドカフェが生み出した「萌え」を外国語で提供する。

 同店のロゴマークは、「道路標識のように視認性の高さを意識して、英語圏以外の外国人でも一目でメイドカフェだとわかるデザインに仕上げた」という。

 店名の「Sugoi」と「Kawaii」は外国人が好きな日本語として上位にランクインしている単語で、外国人にとって親和性が高く、読みやすく声に出したくなるような日本語をチョイスした。

 同店出店経緯について、社長の茶漬けさんは「訪日外国人旅行者は、毎年右肩上がりで増えている。Tokyo! Osaka! Akihabara!それくらい有名になった、萌え文化の発信地=秋葉原。秋葉原を訪れる外国人は、一度はメイドカフェに行ってみたいと思っている」と話す。

 「一方で、言語の壁や文化の違いなどから既存のメイドカフェでは充足したサービスを提供されておらず、満足度は決して高くない。どうすれば外国人がメイドカフェを満喫できるのかを考えた時、『メイドさん全員が外国人ならいいのでは』と、そんなバカげた発想から生まれた」と茶漬けさん。

 営業時間は17時~23時。月曜定休。6月上旬からプレオープン営業を始める予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

JR東日本は5月、JR秋葉原駅隣接地で「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」の建設に着手する。場所は、昨年5月から解体が進められていたJR東日本秋葉原ビル跡。画像は同ホテル外観イメージ
[拡大写真]

アクセスランキング