食べる 見る・遊ぶ

秋葉原に近未来イメージのメイドカフェ 「アキバ絶対領域」4店目

アキバ絶対領域A.D.2045店

アキバ絶対領域A.D.2045店

  •  

 秋葉原にメイドカフェ「アキバ絶対領域A.D.2045店」(千代田区外神田4)が3月14日、オープンした。

 「神が作った『絶対領域』という空間で、猫が人間に恩返しするためにメイドの姿になって給仕している」猫の恩返しがテーマのメイドカフェ「アキバ絶対領域」。2017年2月に1号店を出店し、これまで秋葉原で3店舗を展開している。

[広告]

 4店舗目となる「A.D.2045店」のコンセプトは「近未来」(A.D.2045=西暦2045年)。「攻殻機動隊」「ブレードランナー」「新世紀エヴァンゲリオン」『超時空要塞マクロス」などの世界観を参考に店内を「サイバーパンク×カワイイ」に仕上げた。内装のマーキングデザインなどを担当したのはデザインチーム「雷雷公社」を主宰するカトウさん。A.D.2045店の制服をデザインしたのはイラストレーターの深井涼介さん。メイド服らしさを保ちつつ、未来感のあるディテールにこだわったという。

 さらに、同店のために創作した深井さんによるオリジナルキャラクター「四宮ニア」をフルCGモデル化。CGモデリングを手掛けたのは、バーチャルユーチューバーのモデリングを手掛けたぽんぷ長さん。店内モニター(計7台)では、「四宮ニア」のオリジナル振り付けダンスが放映される。

 店外の看板デザインはクリエーターのつるしまたつみさんが、ロゴは「ノーゲーム・ノーライフ」のロゴデザインなどの実績を持つデザイナーの柊椋さんが手掛けた。

 提供するフードやデザートなども近未来を意識。自分の推しキャラを召喚する装置をイメージした「嫁召喚ケーキ」(864円)や「ディストピアめし」をイメージしたオムライスプレート(1,566円)などをラインアップする。チャージ料(入域料)=60分648円(1ドリンクオーダー制)。

 営業時間は12時~22時。