買う 学ぶ・知る

「とらのあな」、オンライン事業の流通総額200億円を突破 コロナ禍巣ごもり需要で

とらのあな通信販売売り上げ推移(2020年4月~2021年5月の集計)©とらのあな

とらのあな通信販売売り上げ推移(2020年4月~2021年5月の集計)©とらのあな

  • 12

  •  

 虎の穴(千代田区外神田3)が6月9日、1年間のオンラインサービス事業の流通総額が200億円を突破したと発表した。

[広告]

 同社によると、漫画やアニメ、同人誌やキャラクターグッズなどを販売する「とらのあな」では、コロナ禍となり巣ごもり需要が高まった昨年5月~今年4月の1年間、オンラインサービス事業の流通総額が201億円(昨対比143%)を達成。

 書籍・アニメ雑貨・同人誌・CD・BD等の販売プラットフォーム「とらのあな通信販売」サイトは、コロナ対策のためにリアルイベントの中止や延期が続く中、オンラインサービスの強みを生かした販売施策などを順次展開し、イベント中止・延期により同人誌の流通冊数が減少した一方、売上高は140億円(前年比119%)と堅調に推移。年間購入者数=470万人(前年比132%)、年間PV数=7.7億PV(前年比123%)と上昇した。

 クリエーター支援プラットフォーム「ファンティア」でも、流通総額=61億円(前年比265%)、累計登録会員数=438万人(前年比207%)、登録ファンクラブ数=19.1万件(前年比420%)、累計コンテンツ数=116万件(前年比206%)、物販取引数=530万件(前年比248%)、年間PV数=9億PV(前年比248%)と大きな伸びを見せた。

 同社は現在、新型コロナウイルスに端を発する新しい生活様式と購買行動の変化への対応として、主力事業として展開していた店舗事業を短期間で急速に縮小し、そこに投じていたリソースをオンライン事業へと転換している。このほか、事業横断型のオンラインサービス開発組織(虎の穴ラボ)を設立。エンジニア、アナリスト、マーケッターなどを内製化することで、KPIの可視化や開発スピードを促進・柔軟化。女性向け同人の流通額が100億円を超え、全体の売り上げに大きく貢献していることから女性向け流通支援の強化なども行っている。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース